•TFT(思考場療法)とは?

TFTとはThought Field  Therapyの略で、日本語にすると思考場療法と言います。
ある嫌な事を考えた時に、体のエネルギーシステムに混乱が起き、それが様々な不快な感情や感覚をもたらします。TFTは東洋医学の経絡のツボをタッピングし、エネルギーの混乱を整え不快な感情や感覚をエネルギーの流れと共に流して改善して行く心理療法&ヒーリングです。
不安、恐怖、悲しみ、罪悪感、とらわれ、怒り、グルグル思考、恥等の大幅な改善が期待出来ます。

•ロジャー キャラハン博士が発見

アメリカの心理学のパイオニアの一人であるロジャー•キャラハン博士が1970年代に発見、発展させた心理療法です。彼の深刻な水恐怖症の患者が胃の不快感を訴えていたため試しに胃のツボをタッピングした所、水への恐怖が消えてしまったのがきっかけです。それをヒントにキャラハン博士が長年の研究を重ね、現在のTFTとして完成させました。

•具体的に何をするのか?

TFT思考場療法の名前の由来通り、まずは不快な感覚をもたらす考えや出来事に意識を向けます。その時にその状態に適したツボを順番通りに自分でタッピングします。
例えば何かの恐怖症の場合、それに意識を向けながら、眉頭、目の下、脇の下、鎖骨下の順でタッピングします。それに加えタッピングしながらの視線の移動やハミング等の動作もあります。

•TFTの特徴

•短時間で効果が出易く、改善率も高い。
•自分でタッピングするので、日常のセルフヒーリングとしても使える。
•一般に副作用が無いので誰でも試す事が出来て安全(お子様も大丈夫です)

•当店のTFT

当店はTFT診断レベル取得の為、お客様の状態に適した、ヒーリングポイント(タッピングの場所と順番)を筋反射テストでお探しする事が出来ます。

•当店のTFTの流れ

1  カウンセリングによりお客様の状態をお聞きして、焦点を当てる問題を探します。
例えば、会社に行きたく無い場合
•職場に嫌な人がいる。•過去の失敗の感覚が残っている。•仕事内容に対する不安。等など様々な原因を含んでいますが、この様に問題を分解して一つ一つにアプローチするのが改善への近道です。

2  問題に焦点を当て意識を向け、必要なタッピングポイントをタッピングする。
•必要に応じてお客様のタッピングポイントと順番を筋反射でお探し出来ます。
•こちらも一緒にタッピングしますので、それを見ながら一緒に自身でタッピングして頂きます。

3  不快な状態がどれだけ改善されたのかを確認します。
•改善されてなければ問題の焦点を特定し直す等の対策をします。
•改善されていれば、次の問題へ焦点を合わせ、タッピングを繰り返します。

•TFTが効かない場合は?

•その時一番に考えられるのが、実際には改善されているが、タッピングで改善されるのが未知なる体験の為、TFTで改善されたと実感が湧かない状態です。「問題を思い出せない」「分からない」という表現となる事があります。しかし、始めの不快な状態が「思い出せない」という表現になるのは改善された証しだと思います。
•問題に対しての焦点を当てるべき部分が残っている。又は根が深すぎる場合。
この場合は時間をかけて一つ一つ根気よくアプローチしていく必要があります。
•エネルギートキシンの影響
人によっては稀に、その人のエネルギーシステムを乱してしまう摂取物が存在し、これをエネルギートキシンと呼びます。それを普段摂取してエネルギーが混乱した状態だとTFTの効きが悪くなります。トキシンとしては主に食品(例えばチョコレート等)、香り(例えば洗濯の香料など)があります。当店では根気は必要ですが、何がトキシンになっているかお探しする事も可能です。
•TFTそのものが合わない、向かない
TFTは高い改善率を誇りますが、残念ながら100%では無い為、稀に効果が出ないケースもございます。その場合は無理にこだわらず他の療法を試してみるのが最善だと思います。又他のサイコセラピーのご提案もさせて頂きます。

•その他
あまりにもトラウマが深い場合や鬱状態が酷い場合等は専門機関へ行かれる事をお勧め致します。
TFTは効果の高いセラピーですが、医療行為や治療ではございません。予めご理解頂けましたら幸いです。

上部クリックでTFTの情報をご確認頂けます。